太陽光発電のパナソニックは独自構造に注目

太陽光発電メーカーの中でも注目していくべき存在に、パナソニックというところがあります。
パナソニックなのですが、なぜ注目をしていくべき存在になっているのかといえば、独自構造を持っているという部分があります。
その独自構造についてなのですが、単結晶シリコンというものを利用しているのですが、その中に特殊なものを入れているのです。
それは、アモルファスシリコンというものです。
そのシリコンが入っていることによりまして、ハイブリッド構造になってくれているということが言えるのです。
その機能としては、発電の時には電子の動きが出てくるわけなのですが、ハイブリッド構造になることでその電子の動きがかなりスムーズになるのです。
それの意味するところなのですが、発電効率の飛躍的なアップです。
独自性のうでパナソニックはほかのメーカーに差をつけているということが、そういった部分から見えてきています。
そこで気になる発電効率なのですが、具体的な数字としましては18パーセント以上ということが言われています。
モジュールの換効率が18パーセント以上になるということはかなり珍しいことであります。
性能の高い太陽光発電システムになっているということがよく見えてくるのではないでしょうか。
もちろん単結晶シリコンタイプだけの太陽光発電シリーズを取り扱っているわけではありません。
パナソニックでは多結晶シリコンシリーズも取り扱っています。
最初に記した単結晶シリコンタイプはお値段的にかなり高くなることもあります。
しかし、多結晶シリコンシリーズでしたら、安価に太陽光発電システムを導入していくことが可能です。
しかも小型化に成功していますので、小規模な太陽光発電にむいているものもパナソニックでは作ってくれているのです。
小規模な屋根でも太陽光発電をしていけます。
良い特徴を持っているのがパナソニックの太陽光発電システムである、という部分がよく見えてくるのではないでしょうか。


Under

サイトマップ