パナソニックの太陽光発電の特徴

太陽光発電のメーカーの中でも注目がされやすいのが、パナソニックです。
非常に大きな会社ですので、安心感を持って導入ができるというメリットを多くの方が感じているメーカーになっているのです。
これからも多くの方から支持をされていくということが言えるのではないでしょうか。
パナソニックは国内メーカーであるという点も大きな特徴になります。
メンテナンスをお任せするような時にも、やはり国内企業いというものは安心です。
何かあった時にすぐに対応してくれるというものになっているからです。
耐用子いう発電は20年や30年というようなところも存在しているのです。
それだけ長期間利用しますので、メンテナンスをしっかりと行ってくれるのかどうか、という部分は詳しく見ていく必要性があるのです。
ではそのパナソニックという、太陽光発電を行っているメーカーの一つのメンテナンス制度についてもみていきましょう。
パナソニックでは、まずは保証期間としましては太陽光パネルは10年となっています。
10年間のうちに故障したりしますと、保証期間内なので責任を持って無償で直してくれる可能性があります。
また、周辺機器につきましては、こちらの保障も10年間となっています。
太陽光パネル以外の機器についての保証となっていますので、そちらが故障した場合も10年間の保証を受けられるというわけです。
そして、保証にはもう一つありまして、発電モニターというものもあります。
太陽光発電がいまどれだけ発電しているのかという部分を目に見た形で理解できる存在です。
そのような発電モニターをしっかりと活用していかれるといいでしょう。
保証期間としては、パナソニックとして1年間となっています。
パナソニックの太陽光発電に置いての保証の特徴は以上のようなものになっています。
メーカーとしての、定期点検などがありませんので、その点は安上がりになります。
ただし、なくてもある程度は定期的に点検はしていくことがお勧めです。
保証期間が切れる10年以降は特に点検を時々行うとよろしいでしょう。


Under

サイトマップ