武蔵野市での太陽光発電導入

地球温暖化を防止するために、温室効果ガスの排出規制が日本国内でもなされています。
そして、各自治体でも温室効果ガスの家庭における排出量を減らす試みがなされています。null
太陽光発電は、発電をするために石油などの天然資源を利用せずに、太陽の熱エネルギーを利用するので、資源の浪費になりません。
さらに、発電時に二酸化炭素など有害物質や温室効果ガスを発生しないため地球温暖化の防止につながります。
現在、国内で太陽光発電の導入が進められていますが、そのシステム設置には、100万円以上の多額のコストがかかってしまうため、設置を迷う人もいます。
そこで、各自治体では補助金の予算枠を設けて設置費用の負担を軽くすることで、太陽光発電システムの設置を促進しています。
武蔵野市でも、住宅用太陽光発電システムを設置する人に対して、補助金を出しており、住民のシステム導入に積極的な支援をしています。
この補助金を利用して太陽光発電システムを導入する家庭は増えており、温室効果ガス排出削減に寄与しています。


サイトマップ