世田谷区で導入される太陽光発電

太陽熱の利用や風力の利用など自然エネルギーを利用した発電方法が近年導入されつつあります。
その中でも太陽光発電は、無限にある太陽の熱エネルギーを利用するもので、家屋の屋上や空き地といったデッドスペースを有効活用でき、さらに電力を得られるものとして特に注目されています。
また、発電時に二酸化炭素を排出しないことから、地球温暖化の対策にもなり、地域の環境の良化にもつながります。
世田谷区でも平成24年現在およそ1800世帯において家庭用発電システムの導入がされています。
そして、世田谷区では世田谷サービス公社という地方公社を設立してそのシステムの普及に努めています。
特に、太陽光発電においては、「世田谷ソーラーさんさん事業~太陽光パネル」という事業を始め、区内の住居におけるqを進めるための取り組みを行っています。
このような自治体によるPRを行うことで住民の太陽光発電に対しての関心を深めることができます。


サイトマップ