設置する方に

太陽光発電の歴史は古くかなり以前から研究が進められてきました。
その背景には地球温暖化や温室効果ガスの規制などがあります。
最近では、自動車もついに電気自動車が販売されるようになるなど、これまでの化石燃料を使ったライフスタイルから電気を使った生活に変更しようという動きが特にここ数年では活発です。
しかし、これまでその電気自体もその多くが化石燃料によって発電されていました。null
つまり、車からCO2を出すか発電所から出すかの違いだったのですが、最近では化石燃料の枯渇問題もあり、自然エネルギーによる発電システムへの以降が盛んに訴えられるようになりました。
自然エネルギーとは地熱や風力、太陽光や水力です。
特に太陽光発電は、ソーラーパネルがあればできますので、一般住宅での発電システムとしては実用上一番便利な発電システムと言えます。
東京都の多摩市では現在、個人の住宅に新しく太陽光発電を設置する場合に、行政から補助金を受け取ることができます。
なんと、国と都と市から受け取ることができます。
現状、多摩市ではまだ100件程度のご自宅に太陽光発電が取り付けられている程度です。
太陽光発電の設置は初期費用がかかりますが、電力を売ることで約10年から20年程度かけて元をとることができると言われています。
つまりそれ以降はプラスになり収入になるわけです。
特に若い世代の方で老後の収入に不安を抱かれている方は太陽光発電も一つの副収入として検討されても良いかもしれませんね。


サイトマップ